家具は落ち着けるものが良い

日本文化の欧米化により、畳部屋は少なくなり、フローリングが大半の床を占めている現状があります。伴って寝室は、布団からベッドに変わっています。タンスやクローゼットなどの家具が増えると、部屋の印象は狭く、圧迫感を与えてしまいます。配置する家具は、できるだけ低めのもので統一した方が、部屋の広い印象を損ないません。ベッドもの種類としては、頭にくる部分のボードが平らなものか飾り棚が付いたものなどがあります。スッキリとした印象が好きな方は、平らなボードを選ぶのが無難です。飾り棚の付いたベッドは、小物などが置けて便利な反面、しっかり整理整頓しないと、散らかっている印象が出てしまいます。快適な睡眠を得るためには、マットレスが非常に重要です。コイルと言われるスプリングとウレタン系のスポンジなどが使われている種類が多いと思いますが、固さや形状を確認せずに購入してしまうと、後日実際に使用した時に、身体が痛くなってしまう症状が出る可能性もありますので、選定の際は気を付けましょう。ベッドマットレスジェルやウォーターなどの種類が販売されている家具店もあります。こまめに店内をウィンドウショッピングするだけでも自分の感性が磨かれ楽しさが見つかるでしょう。

家具の基礎情報

新着情報

↑PAGE TOP

Menu